AnyLogicは、ロシアの経済成長をシミュレートします

モスクワ州立大学のスーパーコンピュータ "Lomonosov"は、今後50年間のロシア社会と経済成長を予測しました。プロジェクトの目的は、社会・経済シミュレーション・モデルを構築する経験を積むことでした。プロジェクト・チームは、Central Economics and Mathematics Institute (CEMI) から2人、モスクワ州立大学(MSU)から3人の専門家で構成されました。

モデルは、特定の地域、国全体の人口変化、GDPダイナミックス、産業への投資量、および革新産業EVA変化等の要因を含みます。

200台のスーパー・コンピューター・プロセッサーが評価で使用されました。全プロセスはわずか90秒しかかかりませんでした。モデルも1000台のプロセッサー上で試みられ、わずか16秒しかかかりませんでした。 "Lomonosov"に加えて、スーパー・コンピューターMVS-100K(ロシアの科学院のジョイント・スパーコンピュータ・センター)およびChebishev(MSU)で行なわれました。通常のコンピューターはそのようなモデルを計算することができません。("Lomonosov"の近代化より、510TFLOPSの生産性のトップとなりました).

50年で北部領土の人口が減少し、シベリア人と極東の人口も著しく減少することをモデルは示し、南部地域が人口増加になると予想されました。モデルは、GDPが成長すると予想します。しかし、戦争あるいは伝染病の大流行等の起こり得る影響力のある出来事を考慮していないので、プロジェクトに参加した専門家は不可避の出来事が予測を不能とすると警告します。

ロシアの社会・経済開発モデルはエージェント・ベース・モデル手法を使用して、AnyLogicシミュレーション・ソフトウェアで開発されました。このモデルを作成するにあたり、CEMIの専門家は約1億のエージェントを使いました。シミュレーションに用いられるデータは、国富統計の連邦政府関係機関、およびロシア国民の健康状態と経済状況のモニタリングから引用されました。

科学者はモデルを完成することが、ただ一つの目的ではありませんでした。さらに彼らは、ロシアでは経験不足である、モデル・コンバージョンを使用し、通常のPCからスーパー・コンピューターへコンバージョンして実行する経験を得たかったのでした。1つの問題は、システムの異なる計算機にエージェント・ベース・モデルを対応させること、及びモデルをスーパー・コンピューター・プログラム・コードにトランスファーする技術的問題でした。これらはMSU専門家のタスクでした。

大規模社会・経済モデルは、アメリカ、ドイツおよびスウェーデンのAnyLogicユーザによって既に作成されておりました。例えば、RTIインターナショナル(アメリカ)は、麻薬常用者によってHIV/AIDSの拡散をシミュレートするためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。さらに、アメリカ国勢調査局はカリフォルニアにおいてAnyLogicのシステム・ダイナミックスを使用してヒスパニックの人口をモデル化しました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ