歩行者フロー

歩行者フロー歩行者交通シミュレーションは、ショッピングセンター、空港、鉄道駅、または競技場などの特定の建設プロジェクトのためにとても重要であり、機能の拡張や再設計の際にも使用できます。シミュレートする歩行者のトラフィックは、人口の多い都市に共通する多くの狭い道路や通路などのチョークポイントの解析において最も効果を発揮します。これらの分析は、避難やその他の緊急事態をシミュレートするために、ラッシュアワー、都市計画等において施設や道路の設計段階で建築家が使用することができます。歩行者の流れは複雑で、混沌とした性質のため、単純な分析では、実際の結果とは程遠いものとなり、ここで本格的なシミュレーションが必要となります。

AnyLogicの歩行者•モデリング•ライブラリは、大きな強みの一つです。ユーザーが複雑な歩行者行動を作成するには、オブジェクト(エージェント)を単に、ドラッグ&ドロップするだけで、簡単に作成できます。これらのオブジェクトは、詳細な理論的な研究によって決定されている基本的なルールに従います。彼らは、壁または他の物体と衝突しないように行動し、所定の速度で移動し、彼らは彼らの周りの群衆の混雑に基づいてそれらの距離と速度を調整します。このすべては、追加のプログラミングなしで自動的に行われます。これらの機能は、現地調査や顧客のアプリケーションでその精度が証明されています。デザイナーは単に出発地点と目的地を作成します。これにより、レイアウト設計時に見えなかった混雑地点を見つけるでしょう。デザイナーは、定められたポイント間の移動時間の合計のようなメトリクスを作成し、ピーク時の混雑を強調するために実験を修正することができます。背景レイアウト、間取り図、地図は容易にインポートして使用することができます。また、3Dビューの歩行者フロー分析を誰でも簡単に作成することができ、多数の視界およびカメラ・アングルで開発者がシミュレーションを作成することを可能にしています。

歩行者フローモデリングで、以下の基本サービスを提供:

  • 時間と処理能力計算。 スーパーマーケット、地下鉄/駅あるいは空港ビルを設計すると仮定します。主な課題は、移動時間を最小限にし、かつ歩行者同士が衝突しないようにレイアウトを作成し、簡単に通常や非常時の混雑時状態のシミュレーション試験をすることができます。
  • 歩行者フロー解析。 公園、博物館、スポーツ施設など大勢の人が集まる場所は、売店や広告パネル配置の建設変遷の影響を評価する必要があり、飲食店、ATM、改札口あるいは他の共有部分の影響は、AnyLogicシミュレーションで簡単に行えます。歩行者および顧客満足度向上のため、最小限の待機や最小限の動線で最良のプランニングをします。
  • 避難解析。 人々は危険区域からできるだけ速く避難しようとします。一般的にスタッフは避難口標識の設置などの安全対策の責任があり、そのような緊急事態を、歩行者フローの解析および編成することは非常に重要です。緊急イベント・モデリングは、最善の避難経路の定義をし、人々の安全を守ります。
様々な歩行者フロー・モデルギャラリーをご覧ください。

ケーススタディ

  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します
    エッフェル塔事業会社(SETE)は、モニュメントでの観光客の流れを最適化するためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。それにより、エンジニアは、観光客の移動のコントロールで、デザイン変更などせずにビジターの数を増加させることができました。
  • AnyLogicでイギリス海峡横断
    AREP("SNCF Gares & Connexions"の子会社)は、パリの地下鉄Gare du nordターミナルの利用を最適化するためのシミュレーション・モデルを開発しました。主な目的は、乗客の待ち時間の縮小と乗客の管理についてでした。モデルは、これらのエリアにおいて考えられる機能障害を評価します。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。