マーケットと競争

マーケットと競争多くの企業は、売上の増加と顧客基盤を広げることに興味があります。しかしながら、これらの目標を達成する方法は、必ずしも明らかではありません。例えば、最も効率的なマーケティングおよび販売戦略を選択するために、会社の専門家が成功するために因子を多量に分析しなければならない。たとえば、人口統計、所得や失業率、独特の製品機能、競合他社の行動、近代的な技術の開発動向、市場や顧客のニーズ、生産能力、市場細分化、および潜在的な顧客の国民性のために。さらに、これらの要因のほとんどは、それらが時間的に変化するため、動的に考慮されなければなりません。

その結果、タスクは標準的な分析方法を使用して、事実上解決不可能であり、それは種々のシステムパラメータに応じて、状況の発生を「そのまま」プロセスとして記述し、従うことができるので、シミュレーションモデリングは助けになります。シミュレーション•モデリングでは、必要な期間、市場の変化を予測することが可能です。

それでは、例として、セルラー通信市場を見てみましょう。通信会社は、年齢、教育、収入、およびその他の事業者のサービスのコストに応じて、加入者の嗜好に関する入手可能な情報がたくさんありますが、これは予測を行うのに十分ではありません。彼らはまた、考慮する必要があります:例えば顧客グループとの対話、彼/彼女の家族、友人や同僚のメンバーが使用されているプラン、競合通信事業者、市場の変化、新しい破壊的な技術、および競合他社の行動。シミュレーション•モデリングでは、これらの要因を考慮し、高品質の予測を行うことができます。また、モデルをプロアクティブ管理として使用することができます。例えば、製品およびサービスと同様に会社の競争力を増加させるために競合他社のイノベーション・レスポンスを分析することも可能です。

課題解決に向けた市場モデル構築:

  • 長期販売戦略の開発 : 何時市場にどの製品を売り出すか、これらの製品はどのマーケットニッチにフォーカスするか、また、それらがどの価格カテゴリーに属すべきか等の会社戦略。
  • 中期販売戦略の開発 : 製品ポートフォリオにおける、次期リリース製品の市場の選定、価格決定戦略の決定。
  • 販売と需要予測 : 前年度からの推定あるいは推測ではない正確な予測技術は、需要および売上高予測をサポートするために必要で、実行予算、広告、販売促進、値引きなどの最善の効果を判断していきます。
  • プロアクティブ管理 : 現実と計画は常に異なり、この傾向を最小限にするためには、変化する市場状況を予測し、それを先取りすることが必要です。
モデル・ギャラリーをご覧ください。

ケーススタディ

  • アルゼンチンにおけるテレコム市場
    2008年のアルゼンチンにおける通信市場には三大企業がありました。それぞれの会社は、彼らがまだ経験していなかった市場に参入を希望していましたが、その行動の結果を評価しなければなりませんでした。そのため、Telefonica社は、AnyLogicマルチメソッド・シミュレーション・ソフトウェアを使用して、市場のモデルを構築するためにContinente Siete(コンサルティング会社)を使用することを決定しました。
  • アメリカ大手 航空会社の追加料金案の撤回
    アメリカ 大手航空会社は、製品やポリシーの変更による新たな収益を作り出す、数々の選択肢の探索に挑みました。追加料金案による収益は短期間では明白ですが、ポリシーの変更実施前に、航空会社はブランド価値、市場シェアおよび顧客ロイヤリティなどの長期的効果の影響を評価しました。
  • アメリカの自動車市場シミュレーション
    世界の主要な自動車メーカーのうちの一社は、次の5年間の米国市場における戦略的な予測を必要としました。その会社は、彼らの製品と期待出来る収益、現在の顧客、ディーラー、競争相手および中古車市場に関する要求のダイナミックスを評価しました。彼らの主な目的はその会社が翌年にどれだけの車を生産する必要があるか判断することでした。
  • 新薬の発売モデル
    米国大手製薬会社である1社は、新製品の発売戦略の開発 にBayserコンサルティング社を採用しました。 シミュレーション・モデリングは、会社、医師、患者間の相互作 用の再構築に応用しました。
  • テレコムマーケットにおける消費者の選択
    エヴァンス&ペックおよびアルカテル・オーストラリアは、共同で、今後10年間でインターネット・サービスに関して、消費者がどの様な選択をするかをエージェント・ベース・モデルで開発しました。