情報とテレコミュニケーション・ネットワーク・シミュレーション・モデリング

IT infrastructure大手企業の情報インフラは高度な開発で非常に複雑です。事業や規模は異なりますが、ITインフラ、ベンダー、0EMおよびアップグレード予算には1千万ドルから1億ドルに達します。テレコミュニケーション会社は、ネットワーク、電波使用料、通信機器、メンテナンス、賃貸料および地方税などに巨額を費やしますが、どのようにしてこれらの出資効率を見積もることができるのでしょうか。新規設備を購入することが本当に必要なのか。新規設備の導入あるいは既存の設備改良は会社のビジネスプロセスにどんな影響を与えるのか。IT投資は会社の収益にどんな影響を及ぼすのか。資本支出は運用コストや通信ネットワークにどのように影響するか等について、これらの質問にどう答えるのか。会社のITインフラはトライ・アンドエラーで開発することができません。ITインフラは複雑なハードウェアおよびソフトウェア・システム集合です。その適切なオペレーションは多数の要因 トポロジー、単一のノード・キャパシティー、インストールされたソフトウェア、サーバーおよびワークステーションの構成に左右されます。

テレコミュニケーション分野でのモデルは異なる意思決定レベル(IT部門から経営層迄)の種々様々の問題を解決するために使用されます: ITインフラストラクチャー・モデルは会社の他のモデルと結合することができます。例えば、市場モデルおよび生産モデルで、それらと結合することで高い品質で予測することを可能にします。

シミュレーション・モデルは下記タスクを解決するために最も広く使用されます:

  • 情報インフラ投資の必要性および効率解析
  • ビジネスプロセスおよび財務実績でITアップグレード効果の評価
  • 顧客サービスレベルに対するITインフラ効果の予測
  • LANおよび移動体通信ネットワークの構造および振る舞いを設計
  • ライフサイクルにおける資本とオペレーショナル・コストを比較
その他のコンピュータ・ネットワークおよび通信システムモデルに関しては、モデル・ギャラリーをご覧ください。