ケーススタディ

  • ロシア経済におけるヒューマンリソース需要予測
    中央および東ヨーロッパでも有数のIBSグループ ソフトウェア 開発部門は、ロシア教育・科学省による“ロシア経済における スキルがある専門家の需要を予測する解析システム ”(Analytical System for Forecasting the Demand in Skilled Professionals in Russia’s Economy)開発のプロ ジェクトに従事しました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • AnyLogicは、ロシアの経済成長をシミュレートします
    モスクワ州立大学のスーパーコンピュータ "Lomonosov"は、今後50年の間ロシアの社会と経済成長を予測しました。その評価は、ロシアの当局筋から得られたデータを利用して、AnyLogicを用いてモデル化されました。
  • アメリカの自動車市場シミュレーション
    世界の主要な自動車メーカーのうちの一社は、次の5年間の米国市場における戦略的な予測を必要としました。その会社は、彼らの製品と期待出来る収益、現在の顧客、ディーラー、競争相手および中古車市場に関する要求のダイナミックスを評価しました。彼らの主な目的はその会社が翌年にどれだけの車を生産する必要があるか判断することでした。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。
  • 大手小売業者向け 倉庫ネットワークの開発
    エルドラド社は350都市に店舗を持つ、ロシア大手のエレクトロニ クス小売業です。顧客ニーズに対応し、出荷と保管経費の最 小化を目標に、AnyLogicのコンサルティングチームは、最適な 倉庫数と配置の判断にシミュレーション・モデルを構築しました。
  • テレコムマーケットにおける消費者の選択
    エヴァンス&ペックおよびアルカテル・オーストラリアは、共同で、今後10年間でインターネット・サービスに関して、消費者がどの様な選択をするかをエージェント・ベース・モデルで開発しました。
  • ロジスティクスにおける 最適な意思決定
    東ヨーロッパで最大のビールメーカーは、多くの製造業者が 直面している高い輸送費問題の解消に取組みました。会社 の計画は、顧客に低価格で製品を提供できるように、工場か らサプライヤーまでの流通と輸送費を削減させることでした。
  • AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート
    エヴァンス&ペックは、港の停泊所キャパシティーをシミュレートするためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。目的は、製品の通過をどれだけ割増しできるかを見つけ出すことでした。
  • AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価
    エヴァンス&ペックは、ポート・ターミナルにおいて設備の使用を最小限にし、コンテナー処理能力を最大限にするために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデル化アプローチを利用しました。