ケーススタディ

  • Preventing “Bus Bunching” with Smart Phone Application Implementation
    In public transport, bus bunching refers to a group of two or more transit vehicles (such as buses or trains), which were scheduled to be evenly spaced running along the same route, instead running in the same location at the same time. Dave Sprogis, Volunteer Software Developer, and Data Analyst in Watertown, MA, used AnyLogic to confirm his thesis that preventing "Bus Bunching" would improve the experience of public transit bus riders.
  • 船舶産業における生産計画
    イタリアは歴史的に、世界に誇るヨットやスーパーヨットを生産す る国として知られています。多数の有名なブランドを市場に浸 透させるために、原価管理とライトサイジングは製品とプロセス・ イノベーションと同様に重要です。豪華ヨットの製造工程は複 雑であり、また完成品と技量の質は落とすことができません。 ヨットの製造工程は膨大な時間および労働力を必要とし、多く の生産タスク、非常に熟練した手仕事が必要です。
  • 車両基地のキャパシティー・モデリング
    Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。
  • Research of Traffic Flow in the Transport Hub of Volokolamskaya in Moscow
    The Moscow subway station and transport interchange, Volokolamskaya, is situated in the northwest part of town. The main road traffic in the area comes from the neighboring districts and the suburban parts of the Moscow region. ITS Consulting was contracted to test the efficiency of the planned roadway network during the peak traffic hours (morning and evening) with due regard to perspective increases of traffic within a timeframe until 2025.
  • Gojiiを使用したベストな在庫ポリシィの選択
    既存のサプライ・チェーンとS&OP(Sales and Operations Planning:販売および操業計画)ツール・セットは、選択された「予測」にマッチした供給量を管理するのに有効に利用できます。しかしながら、将来の需要を一つのフォーキャストで表すことはできません。既存のツールは、ビジネスに最良の結果を選ぶようには設計されていません。S&OPシステムを使用すると、フォーキャストのインプットと需要シグナルの間にギャップがあります。Gojiiはそのギャップを無くすためにDecisioTech社によって作成されたツールです。
  • Shaping Healthcare Policy Using Simulation
    An initiative by the Department of Mechanical and Industrial Engineering at the University of Toronto, the Centre for Research in Healthcare Engineering (CRHE), was in response to the immediate and compelling desire for efficiency and quality improvements in the Canadian healthcare system.
  • 造船所はオーダー履行能力を検証するため、生産設備やその分布を可視化
    アドミラルティ造船所(Admiralty Shipyards JSC)は、ディーゼル潜水艦の大口注文に直面し、現在の生産設備で受注に十分対応できるか、できない場合は2016年までにどれだけ生産できるかを評価しなければなりませんでした。アドミラルティ造船所JSCはまた、受注に対応するために新たな生産設備が必要になるかを検証します。
  • Simple Simulation Model Helps Intel Avoid Production Plant Downtime
    Intel factories used a particular type of equipment that often broke down, which caused capacity constraints. These expensive parts were used in critical factory operations, and the repairs took significant time, so it was necessary to have extra spare parts on hand to avoid downtimes. Broken parts caused constraints at some of the factories while other factories over purchased spares.
  • Simulating Bicycle Sharing System with the Help of AnyLogic System Dynamic Modeling
    Sustainable bicycle transportation systems have generated broad expectations and have recently attracted focus in the scope of urban planning by alleviating traffic congestion and reducing noise and air pollution. Such bike sharing systems are easy-to-use and generally promoted by the public administration, operating by advertisement companies, transportation operators and, and public organizations.
  • アイスクリーム製造 シミュレート:制限認識および生産計画の最適化
    ウルグアイで最大手の乳製品製造会社Conaprole社は、生産ライン5本を稼働させ、ラインごとに異なる5種類の包装形態で、150SKU(Stock Keeping Unit)種類を超える商品を生産します。需要と供給のバランスを保つために彼らの計画を再構築して重要な商品の在庫切れを回避することが経営陣の挑戦になっていました。さらに、生産設備利用の最適化も求めていました。