ケーススタディ

  • 自動生産ラインのプランニングおよび最適化
    ドイツCentrotherm Photovoltaics AG 社は、太陽光発電、半導体およびマイクロエレクトロニクス業界への、技術および設備を提供するグローバルサプライヤーです。同社は、コストを最小限に抑え、スループットと信頼性を最大限にするため、最良の自動化生産ラインおよび工場構成を確認する必要がありました。
  • 医薬品流通倉庫のモデル化
    数十億ドル規模売上を計上する、医薬品流通およびロジスティクス企業大手のカーディナル・ヘルス社(Cardinal Health)は、商標医薬品、ジェネリック医薬品、一般用医薬品(薬局で処方箋が無くても購入できる薬)、健康と美容アイテムおよび自社ブランド品を管理しています。彼らは、医薬品を取り巻く複雑な倉庫の流通問題に取り組みます。ブライアン・ヒース(カーディナル・ヘルス社上級解析ディレクター)とAnyLogicソフトウェアの経験ある担当者は、様々なビジネス問題を解決するためにエージェントベースのモデリングを使用し、年間300万ドル以上の経費を節減しました。
  • GE Manufacturing Plant Uses AnyLogic for Real Time Decision Support
    In 2012, GE opened a new battery manufacturing plant in conjunction with the launch of an innovative energy storage business. GE’s exciting opportunity brought on many new challenges, such as increasing production throughput and yield under evolving processes and uncertainties, and reducing manufacturing costs in order to gain market share. The GE Global Research Center sought out a powerful and flexible tool to analyze, not just the specific process, but the manufacturing system as a whole.
  • Oil Pipeline Network Development: Finding Bottlenecks and Choosing the Right Policies
    One of the largest oil and gas pipeline operators in North America was delivering oil to a client that was not always able to accept the incoming batches. The operator was challenged to quantify the system impacts of deferred downstream deliveries. They also needed to determine whether the existing tankage at upstream oil terminals would be adequate to store the deferred batches.
  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • 最適アルゴリズム 倉庫シミュレーション
    ロジスティクス・ソリューションのグローバルプロバイダー Kuehne+Nagel社は倉庫会社の倉庫新設プランに携わりました。倉庫は、13,000件のオーダー、又は1日当たり750箱のピッキング処理が予想されます。プロジェクトは、マルチオーダー・ピッキングの最適なアルゴリズム開発でした。倉庫での注文は、作業者が台車を利用して作業すると計画されました。作業者は台車で品物を取り、オーダーごとにそれらをカートンに入れます。
  • ハイブリッド・シミュレーションによる医療サポート-脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)
    脳卒中で高度障害が起きたときの治療とリハビリの高コストの負担は老齢人口の増加でますます増えています。血栓症の多くは脳卒中を発症し、発症から4.5時間以内に血栓溶解の治療が必要になりますが、現在の搬送や病院管理では対応しきれていないのが現状です。そこで、脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)が改善案として提案されました。
  • An Agent-Based Explanation for SPMI Living Situation Changes
    Over the past 60 years, the number of Severely and Persistently Mentally Ill (SPMI) patients in the US living in the community increased. Yet a growing minority of people with severe illness are worse off because they are homeless or incarcerated. In this case study, IBM Global Research and Otsuka Pharmaceuticals used an agent-based approach to model these remarkable swings.
  • Analysis of Management Strategies for the Aircraft Production Ramp-up
    The Airbus Group joined the European Union ARUM (Adaptive Production Management) project, which is focused on creating an IT solution for risk reduction, decision-making, and planning during new product ramp-ups. The project is aimed mainly at aircraft and shipbuilding industries. Simulation was chosen as a part of the ARUM solution, because it would allow the participants to reproduce the real production facility experience.
  • Improving Mining Outbound Logistics with Agent-Based Simulation Modeling
    One of the largest resource companies in the world, with over $80 billion in sales, decided to enter a new market. It was planning to build a new potash mine with 90% of the resources exported. They wanted to design a reliable supply chain, with a high speed of supply replenishing, and the ability to recover from natural disasters and man-made crises benefiting from such volatility. Amalgama and Goldratt companies contracted this project to design the potash mining operations and a full supply chain of outbound logistics.