トンネル掘削機でのトンネル建設シミュレーション

Ruhr-Universität Bochum, SimPlan AG.


問題点:




トンネル掘削機(TBM)でトンネルの建設は、通常複雑な相互依存のプロセスで、長期間のプロジェクトであり、総合的なサプライ・チェーンが含まれます。設備の故障および不十分なサプライ・チェーンによる金銭上のロスは、全体の計画費用の約20%に及ぶことがあり、それはしばしば数百万ドルを意味します。休止時間1時間当たりのコストは非常に高く、プロジェクト・マネージャーは、不必要な遅れを回避するために最善を尽くさなければなりません。ドイツ ルール大学ボーフムで開発されたシミュレーション・プロジェクトの目標は、可能性のある金銭上のロスを最小化するために、作業プロセスでのボトルネックを解明することができるシミュレーション・モデルを作成することでした。

解決策:



Process classificaton in mechanized tunneling

TBMでトンネルの建設は、 土とトンネル建設のための構造物関連の掘り出しによって決定されます。更に、マシンによって排出される、掘り出された土の安定した移動も考慮する必要があります。しかしながら、建設プロセスは、多くの理由でしばしば妨害され、プロセスは保留されるか、遅れることがあります。

AnyLogicソフトウェアは、いくつかのシミュレーション・テクニックを組み合わせることが可能で、モデル製作者は、関連するプロセスをシミュレートするために状態図(ディスクリート・イベント・モデリング)を使用し、またシステム・ダイナミックスで土の連続的な移動等の特色をすべてモデルに反映しました。システム・ダイナミックス・メソッドは、障害時に発掘物の現在のステータスを記録するために使用されました。さらにマルチメソッド・アプローチによって容易にマシンの障害をシミュレートすることができました。

TBMのアッセンブリ・エレメントは、柔軟で再使用可能なシミュレーション・モデルを提供するためにアクティブ・オブジェクト・クラスで別々にモデル化されました。

TBMに加えて、モデルが現実と不確実性が完全に同調するように、 バックアップシステム、トンネル作業、地上作業と外部サプライ・チェーン等が合わせてシミュレートされました。

結果:




開発したシミュレーション・モデルは、特定のトンネリング・プロジェクトの進展における障害の影響を図示し定量化することができます。オンサイトプロセスおよび外部ロジスティクスのシミュレーションは、さらにプロジェクト・マネージャーが弱点を縮小することを可能にするでしょう。また、計画ではバックアップ・ストックを要求しました。不必要な停止および実行ロスの最小化は、トンネリング・プロジェクトの期間を短縮し、その予算を最適化するでしょう。


AnyLogic会議2012でこのプロジェクトのプレゼンテーションを発表するルール大学ボーフムの Tobias Rahm氏のビデオを参照してください。

More Case Studies

  • 自動生産ラインのプランニングおよび最適化
    ドイツCentrotherm Photovoltaics AG 社は、太陽光発電、半導体およびマイクロエレクトロニクス業界への、技術および設備を提供するグローバルサプライヤーです。同社は、コストを最小限に抑え、スループットと信頼性を最大限にするため、最良の自動化生産ラインおよび工場構成を確認する必要がありました。
  • GE Manufacturing Plant Uses AnyLogic for Real Time Decision Support
    In 2012, GE opened a new battery manufacturing plant in conjunction with the launch of an innovative energy storage business. GE’s exciting opportunity brought on many new challenges, such as increasing production throughput and yield under evolving processes and uncertainties, and reducing manufacturing costs in order to gain market share. The GE Global Research Center sought out a powerful and flexible tool to analyze, not just the specific process, but the manufacturing system as a whole.
  • AnyLogicでキャパシティー分析
    NASSCOは、現在の生産および可能性のある新しい仕事の両方に関して、きわめて詳細でかつ正確なキャパシティー分析を提供するために、The Large Scale Computer Simulation Modeling System for Shipbuilding (LSMSe)と呼ばれる特注の分析システムを利用します。
  • 船舶産業における生産計画
    イタリアは歴史的に、世界に誇るヨットやスーパーヨットを生産す る国として知られています。多数の有名なブランドを市場に浸 透させるために、原価管理とライトサイジングは製品とプロセス・ イノベーションと同様に重要です。豪華ヨットの製造工程は複 雑であり、また完成品と技量の質は落とすことができません。 ヨットの製造工程は膨大な時間および労働力を必要とし、多く の生産タスク、非常に熟練した手仕事が必要です。
  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • フランス鉄道の最適化
    このプロジェクトはAnyLogicのコンサルティングチームによって、 陸上交通の導入・調査・試験を行うフランスの PREDIT向けに 開発されました。クライアントは国の鉄道貨物輸送が自動車輸 送と競争することが出来るか、さらに“Truck-Rail-Truck”輸送 の効果的な運用方法を検証しました。
  • 車両基地のキャパシティー・モデリング
    Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。
  • イタリア銀行 バックオフィスシステム モデリング
    イタリア銀行(BANCA D'ITALIA)は毎年一定量の銀行口座振替 を処理します。振替は自動的に処理することができず、銀行の バック・オフィスの2つの部署に依頼することになります。銀行 は、2つの部署の合併が有益かどうか判断が必要でした。
  • 半導体サプライ・チェーンにおけるブルウィップ効果/Bullwhip Effect(需要予測)
    大手 半導体メーカーのインフィニオン社のサプラィチェーン管理は、経費削減を達成するために、マーケットのブルウィップ効果を調査し、マーケット動向を予測し、原材料から市場までのサプライ・チェーンのモデル構築するためにAnyLogicソフトウェアを利用しました。
  • 造船所はオーダー履行能力を検証するため、生産設備やその分布を可視化
    アドミラルティ造船所(Admiralty Shipyards JSC)は、ディーゼル潜水艦の大口注文に直面し、現在の生産設備で受注に十分対応できるか、できない場合は2016年までにどれだけ生産できるかを評価しなければなりませんでした。アドミラルティ造船所JSCはまた、受注に対応するために新たな生産設備が必要になるかを検証します。