モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション

問題点:




都市や郊外の住宅地域および工業地帯を横断するモスクワ鉄道は1908年に建設され、現在は貨物運送のみに利用されています。2016年着工予定の旅客列車は、道路交通状況および渋滞を根本的に改善すると予測しました。近年建設した駅の多くは大きなハブ駅として地下鉄と通勤列車に接続するようになりました。JSCモスクワ鉄道計画の一つでもある乗客フローの最適化は、ITSコンサルティング社によって、AnyLogicソフトウェアを利用してシミュレートしました。


シミュレーションの目的は、通路、階段、エスカレーター、改札口、チケット売り場、自動券売機など、ハブ駅が持つ能力を評価し、建設に際してその問題点を見つけるため、ラッシュアワー時のCherkizovoハブ駅のパフォーマンスを評価することでした。朝の8時から9時のピーク時に、人の移動やチケット購入に問題が生じなければ、ハブ駅として受け入れ可能と考慮されました。


解決策:




Cherkizovoハブ・モデルは、AnyLogicの歩行者と駅構内の両方のライブラリーを利用し、システムの可視化に3Dアニメーションを利用しました。モデルは計画予定の駅および既存の地下鉄駅の以下の要件を取り入れました:

  • 北部、南部ターミナル駅
  • 北部、南部地下鉄駅ホール
  • 鉄道と地下鉄駅間の南北にわたる横断歩道
  • 地下鉄駅と駅のプラットホーム

乗客は鉄道と地下鉄および陸上輸送を乗り継いでターミナルに到着できます。乗客移動アルゴリズムは、下図ご参照ください。


Algorithms

出入口のアルゴリズム


システムを正確に表現するためには、以下の特色を含めて計算しなければなりません。

  • ターミナル駅間の乗客の不均一の分布
  • 列車到着予定表
  • 列車乗客の不均一の分布(出口近くの車両は多くの乗客)
  • チケットある、なしの乗客の割合
  • チケット売り場および自動券売機でチケットを購入する乗客の割合
  • チケット売り場のみで購入できる割引切符の対象者の考察

シミュレーション入力データ:

  • 列車、客車、エスカレーター、プラットホーム、改札口の特徴
  • 入口、出口、チケット売り場、自動券売機での乗客フロー分布、列車車内やプラットホームの乗客の分布
  • チケット売り場、自動券売機、改札口通過時間、列車停止時間と乗り降りにかかる所要時間
  • 乗客の歩く速度、プラットホーム内の列車の速度

結果:




Railway station terminal Cherkizovoターミナル駅のシミュレーションでは、乗客の混雑時でも、設計概念とすべての構成要素は、十分に機能していると判断されましたが、乗客数が増加した際に、チケット売り場が改札口に向かう通路近くに設置されている関係で、その周辺が混雑になると予想されました。


チケット売り場の負荷を最適化し、乗客がチケットを購入に要する時間を短縮するために、顧客は自動券売機でチケットを購入するか、他の方法(インターネット等による事前購入)を利用するように奨励しました。その結果として、自動券売機の数を削減することを推奨しました。


Cherkizovoモデルは他の輸送ハブの最適なパラメーターを見つけるためにJSCモスクワ鉄道に利用され、さらに緊急時や避難中の乗客行動の研究に利用されています。


More Case Studies

  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します
    エッフェル塔事業会社(SETE)は、モニュメントでの観光客の流れを最適化するためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。それにより、エンジニアは、観光客の移動のコントロールで、デザイン変更などせずにビジターの数を増加させることができました。
  • AnyLogicでイギリス海峡横断
    AREP("SNCF Gares & Connexions"の子会社)は、パリの地下鉄Gare du nordターミナルの利用を最適化するためのシミュレーション・モデルを開発しました。主な目的は、乗客の待ち時間の縮小と乗客の管理についてでした。モデルは、これらのエリアにおいて考えられる機能障害を評価します。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。