AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート

概要




港湾局は以下の問題に直面しています:
  • 多数のクライアントと計16製品の取り扱い業務
  • 次の5年間に港で取り扱うすべての製品の総重量が80%増加すると予想
  • 多数の改良オプション(例えば、新しい停泊所の建設、既存設備の再配置及び港のしゅんせつ作業等)
重要な問題は:港をアップグレードせずに、どの程度の製品を追加で輸出できるか。

モデリング・アプローチ




エヴァンス&ペックは、一つの停泊所の港湾作業を計画するために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・アプローチを利用しました。
開発されたモデルリング・ツールの主な利点は以下の通りです:
  • 港湾管理委員会に、改良計画を管理するツールとして提供されました
  • 改良費用を支出せずに、現在以上の仕事量を増加させたために港湾操業において遅れが識別されました


同様のモデルは、次のものに用いることができます:

  • 港、道路及び鉄道による鉱山からの輸送等のロジスティックスの効率分析等
  • 製造および加工産業の生産計画分析等


port_berth_capacity_simulation.gif


Model developed and published by Evans & Peck Australia.

More Case Studies

  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • Evaluating Container ETA Data Flow Introduction in the Port of Hamburg
    Researchers from the Technical University of Darmstadt, Germany, worked to identify whether the introduction of each container’s ETA would improve the situation with capacity utilization among the supply chain actors in the port of Hamburg, one of world’s top 20 ports in terms of container traffic.
  • AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価
    エヴァンス&ペックは、ポート・ターミナルにおいて設備の使用を最小限にし、コンテナー処理能力を最大限にするために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデル化アプローチを利用しました。
  • AnyLogicによる多目的港湾計画
    エヴァンス&ペックは、顧客向けに、多目的の港湾設計を立案しました。その会社は、交通、倉庫、船への積み込みを計画するために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデリング・アプローチを利用しました。