車両基地のキャパシティー・モデリング

問題点




Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。


Aurizon社は、エヴァンス&ペック・コンサルティング・カンパニーに以下の条件を提示しました:

  • 車両メンテナンス拠点のキャパシティーを測定する。サービス拠点が新しいヤードに移動した場合、追加の経路が必要か否か。
  • Aurizon社が現在使用しているモデリング手法と比較して、相対的に短時間でモデル開発する。
  • 要求があればより大きなネットワークモデルの一部として再利用可能なモデルを構築する。

解決策




Rail yard 2Dコンサルタントは車両基地内の車両準備、鉄道メンテナンス、貨 物車メンテナンス、列車の信頼度検査、貨物車の荷積み、鉄道 の収容および運行などのオペレーションをシミュレートするのに AnyLogicのレール・ヤード・ライブラリーを使用しました。コンポー ネントが再使用でき、かつ他のモデルへの接続や、組込めるよ うに、モジュールとしてモデルを構築しなければなりませんでし た。

モデルの試験内容:

  • 列車構成
  • 基地内の列車移動
  • 線路有効利用
  • 設備有効利用
  • 基地内の荷積み回数
  • 活動のスケジューリング
  • 幹線沿いのサービス施設への影響

複雑なモデルを少ないJavaコーディングで構築できる、最適なデモンストレーションです。


結果




Rail Yard 3D モデルを使用した内容:

  1. 車両基地内に線路増設の必要性
  2. 基地周辺のオペレーションを基地内に移動できるか?
  3. 列車基本プランの中でオペレーションを変更した場合の影響
  4. 基地内の活動をより効率的にするには?

エヴァンス&ペック・コンサルティング・カンパニーは、モデル がより大きなネットワークモデルに組込むことができるよう に開発しました。


Watch Martin van Holten from Evans & Peck presenting this project in detail at The AnyLogic Conference 2012 or download his presentation:



More Case Studies

  • トンネル掘削機でのトンネル建設シミュレーション
    トンネル掘削機の休止による1時間のコストは、通常高いのが実情です。また、プロジェクト・マネージャーは、工事現場において作業遅れを回避するために最善を尽くさなければなりません。 Ruhr University Bochum in Germanyで開発されたシミュレーション・プロジェクトの目標は、可能性のある金銭上のロスを最小化するために、トンネル建設プロセスでのボトルネックを究明することができるシミュレーション・モデルを作成することでした。
  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • フランス鉄道の最適化
    このプロジェクトはAnyLogicのコンサルティングチームによって、 陸上交通の導入・調査・試験を行うフランスの PREDIT向けに 開発されました。クライアントは国の鉄道貨物輸送が自動車輸 送と競争することが出来るか、さらに“Truck-Rail-Truck”輸送 の効果的な運用方法を検証しました。
  • 半導体サプライ・チェーンにおけるブルウィップ効果/Bullwhip Effect(需要予測)
    大手 半導体メーカーのインフィニオン社のサプラィチェーン管理は、経費削減を達成するために、マーケットのブルウィップ効果を調査し、マーケット動向を予測し、原材料から市場までのサプライ・チェーンのモデル構築するためにAnyLogicソフトウェアを利用しました。
  • Gojiiを使用したベストな在庫ポリシィの選択
    既存のサプライ・チェーンとS&OP(Sales and Operations Planning:販売および操業計画)ツール・セットは、選択された「予測」にマッチした供給量を管理するのに有効に利用できます。しかしながら、将来の需要を一つのフォーキャストで表すことはできません。既存のツールは、ビジネスに最良の結果を選ぶようには設計されていません。S&OPシステムを使用すると、フォーキャストのインプットと需要シグナルの間にギャップがあります。Gojiiはそのギャップを無くすためにDecisioTech社によって作成されたツールです。
  • 流通ネットワーク・プランニング&シミュレーションによる在庫の最適化
    ディアジオ社は英国の多国籍アルコール飲料企業です。ディアジオ・ロシアはロシアでトップ5に入るアルコール飲料の大手卸売店の1社で、収益が顧客サービスレベルと高い物流費にとても影響を受ける、伝統的な薄利ビジネスです。ディアジオ社はコンサルタント会社Amalgama, LLCの支援を受け、売上高が増加しましたが、物流費が大きかったため、予想より大きな利益を実現出来ませんでした。
  • Maximizing Push Boat Fleet’s Net Voyage Revenue
    InterBarge, a first-class waterway operator, affiliated with SCF Marine, a part of Seacor Holding Group, operates freight along the HPP Waterway (Hidrovia Parana Paraguay, located in Argentina, Paraguay, Brazil, and Uruguay) on a dedicated contract carriage. The company’s challenge was to use the boat capacity free from dedicated contract commitment as a fleet, maximizing net voyage revenue.
  • Customer-Centric Transportation Network Modelling
    The public transportation company employed PwC Australia to develop a solution that could provide a customer-centric view of their railway infrastructure and help the company understand the current incident effects on rail network operations and how to improve the situation. PwC consultants decided to build a model of the transportation network that would simulate train movements, incidents, and customers at stations and in trains.
  • CSX Solves Railroad Operation Challenges with and without AnyLogic Rail Library
    CSX is a US railroad company that operates about 21,000 route miles (34,000 km). AnyLogic allows the railroad industry users to simulate line-of-road, terminal, and yard problems. The following three projects, completed by CSX in 2014, covered a variety of tasks that were solved using AnyLogic software.
  • Simulation Modeling of Offshore Offloading System for Arctic Oil and Gas Condensate Field
    The Novoportovskoye oil and gas condensate field is located in the Yamal peninsula and owned by Gazprom Neft, the fourth largest oil producer in Russia. Oil from the field is transferred via 100km pipeline to the sea terminal at Cape Kamenny, where it is loaded into arctic cargo tanks for further transportation. The main issues in planning tanker transportation in an arctic region are the harsh ice environment and difficult sea conditions.