新薬の発売モデル

米国大手製薬会社である1社は、新製品の発売戦略の開発 にBayserコンサルティング社を採用しました。 シミュレーション・モデリングは、会社、医師、患者間の相互作 用の再構築に応用しました。


問題点




新製品発売の最適なプロモーション戦略と売上高予測。特 に、消費者向け広告(DTC=Direct-to-consumer)と個人 販売の間の理想的な因果関係とは何か? 具体的な質問への対処:

  1. クライアントは販売受託機関(CSO)を必要とするか、必要 ならば、どのくらいの規模、期間が必要か?
  2. Hoクライアントは、現行の販売計画をどう再編するべきか?

解決策




モデルに含まれる内容:

  • 医師とキーオピニオンリーダー、患者、 Rep(MR)との相 互関係が、処方箋発行に至る確率にどのような影響があ るか。
  • AnyLogicは、患者、医師、および代理人の相互作用と 販売の成果を可視化し、問題を理解し、かつ鋭い疑問 を生み出す優れたソフトです。
  • “Analysis of Misses”機能は、売上を最大にするた めに、どのように現在のプロモーション戦略を変更する 必要があるかを敏速に伝えます。

AnyLogic model main screen


Figure 1. Screenshot of the Agent Based Model

Agent interactions

Figure 2. Types of interactions between Agents


結果




プロジェクトの結果:

  • 最適なプロモーション戦略の検証と様々な戦略候補の評価
  • CSOに関する推奨と、それに応じた製品ポートフォリオを改良する 方法
  • 薬の販売予測
  • 様々な決定点と総売上げとの相互作用の理解
  • アナリストが予測できなかった問題点の把握

More Case Studies

  • 医薬品流通倉庫のモデル化
    数十億ドル規模売上を計上する、医薬品流通およびロジスティクス企業大手のカーディナル・ヘルス社(Cardinal Health)は、商標医薬品、ジェネリック医薬品、一般用医薬品(薬局で処方箋が無くても購入できる薬)、健康と美容アイテムおよび自社ブランド品を管理しています。彼らは、医薬品を取り巻く複雑な倉庫の流通問題に取り組みます。ブライアン・ヒース(カーディナル・ヘルス社上級解析ディレクター)とAnyLogicソフトウェアの経験ある担当者は、様々なビジネス問題を解決するためにエージェントベースのモデリングを使用し、年間300万ドル以上の経費を節減しました。
  • アルゼンチンにおけるテレコム市場
    2008年のアルゼンチンにおける通信市場には三大企業がありました。それぞれの会社は、彼らがまだ経験していなかった市場に参入を希望していましたが、その行動の結果を評価しなければなりませんでした。そのため、Telefonica社は、AnyLogicマルチメソッド・シミュレーション・ソフトウェアを使用して、市場のモデルを構築するためにContinente Siete(コンサルティング会社)を使用することを決定しました。
  • ハイブリッド・シミュレーションによる医療サポート-脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)
    脳卒中で高度障害が起きたときの治療とリハビリの高コストの負担は老齢人口の増加でますます増えています。血栓症の多くは脳卒中を発症し、発症から4.5時間以内に血栓溶解の治療が必要になりますが、現在の搬送や病院管理では対応しきれていないのが現状です。そこで、脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)が改善案として提案されました。
  • 医療ルーチンデータのシミュレーション・モデリング
    医療の専門家による様々な意思決定には、プランニング、テストおよびアセスメントツールを必要とします。医療の複雑な構造、相互作用およびプロセスは、常に変化と革新を繰り返し、課題が絶えることはありません。社会保険オーストリア協会(AASI)と提携するDWHシミュレーションサービスおよびウィーン工科大学のPatrick Einzinger氏およびChristoph Urach氏は、クリティカルな将来の意思決定の目的で、医療データを解析する機会を得ました。
  • Simulation of Maternity Ward Operations
    This model simulates the maternity ward in a hospital currently under construction. The purpose of the model is to support discussions related to which resources, capacity, and work methods are required on the new ward. The project was carried out for Karolinska University Hospital in the Stockholm County, Sweden.
  • 入院患者治療キャパシティーの評価
    スウェーデンの首都ストックホルムは高度専門医療病院を新設する過程において、健康局は、様々な運用方法と戦略的課題において、投資に見合う病院運営が可能か疑問視しました。その答えを見つけるために、彼らはAnyLogicシミュレーション•モデリングを使用しました。
  • Major US Airline Decides NOT to Charge Additional Fees
    A major US airline wanted to explore several options to generate new profits through ancillary products or changes to existing policies. Although the revenue generation through charging additional fees was apparent in the short term, prior to implementing a policy change, the airline opted to evaluate the long term perceived impact on brand equity, market share and customer loyalty.
  • 透析患者トータルケアのニーズ
    スウェーデン 首都ストックホルムは、諸国、諸地域と同様、様々な患者グループへのヘルスケアの必要性があります。各グループは独特な特徴、特性および課題を合わせてサブ集団と見なします。今回ご紹介するシミュレーション・プロジェクトは、透析患者(医療施設の来院頻度が高いグループ)に着目しました。
  • Disaster Response Applications Using Agent-Based Modeling
    In an effort to find practical operational solutions for response to an unexpected crisis or natural disaster, Battelle, world’s largest, non-profit, independent R&D organization, needed to test the effectiveness of a 48 hour shelter-in-place order for an Improvised Nuclear Device scenario. The goal was to reduce radiation dosages received during an uncoordinated mass evacuation, by comparing immediate evacuation and shelter-in-place order.
  • Evaluating Healthcare Policies to Reduce Rates of Cesarean Delivery
    The challenge of reducing the cesarean delivery rate has been recognized by numerous researchers for years. For the first time, in research conducted for the Washington State, Alan Mills, FSA MAAA ND, a research actuary, and his colleagues reproduced this part of the United States healthcare system in a simulation model to allow the stakeholders, including health agencies, insurers, clinicians, and legislators, to test their assumptions on the model to find the right solutions.