ロシア経済におけるヒューマンリソース需要予測

中央および東ヨーロッパでも有数のIBSグループ ソフトウェア 開発部門は、ロシア教育・科学省による“ロシア経済における スキルがある専門家の需要を予測する解析システム ”(Analytical System for Forecasting the Demand in Skilled Professionals in Russia’s Economy)開発のプロ ジェクトに従事しました。 プロジェクトの目的は解析システムを作成することで、行政が 連邦予算から、大学教育の助成金交付の計画に役立ちまし た。


問題点




教育制度の近代化の秘訣はいろいろな方法でその管理を改 善することです。これにより国の経済にスキルをもつ専門家の 需要を予測し、専門性が高く、人気のある分野の学生に教育 補助金を交付することができました。


さらに、雇用者は適格な人材を獲得できるでしょう。 この戦略を実施し、かつ需給の平衡を保つために、行政機関 は労働市場を予測し、監視する必要がありました。


国の被験者(地域)の人材に対する需要の有効な予測を把握 することは、行政機関が学生に補助金を交付する計画を立 て、地域のニーズとリソースの不均衡の発見や、様々なシナリ オの評価、労働市場に需給間のバランスを見出す方法を得ら れるでしょう。


プロジェクトの目的は統一した解析システムを作成することで す:
  1. ロシア経済が必要とするスキルのある専門家とその地域の 分析。
  2. 補助金交付システムが今後のニーズに対応していくのか評価する。
  3. 大学出身者の最適人数予測と、83地域の助成金交付計画の様々なシナリオの予測。

解決策




ロシア全体のダイナミック・モデルおよび、83地域を予測する システム開発プロジェクトの一部に、AnyLogicが利用されまし た。AnyLogicが選ばれた理由は、主要な要因は使いやすさ で、多くのコーディングが必要ありません。AnyLogicは、すぐに 使用できる多くのライブラリや、カスタム・オブジェクトの作成に より、ソフトウェアの機能を広げる無限の能力があります。


Dynamic Model System

Figure 1. Dynamic Model System


結果




行政機関の活用:

  • 各地域の特性を踏まえた、大学出身者数と助成金が支 給された学生数の計画
  • 労働市場のニーズに対応したスキルのある専門家の教育計画の調整
  • 失業率の削減
  • 高等教育の近代化に最適なシナリオを検討

ソリューションの利点:




  • 地方地域の社会経済発展のシナリオ分析
  • 国全体のマクロ経済プロセスと地域プロセスの両方を組み合わせたアプローチの使用
  • 専門分野を踏まえた、助成金が支給された学生数の計画
  • 多くのユーザーが同時作業を行うウェブ・インターフェース の使用とプロセスの透明化
  • 助成金が支給される大学生の人数の自動計算

More Case Studies

  • Utilizing Real-World Data and Multimethod Modeling to Battle Food Insecurity
    Issues such as whether households get enough food, how it is distributed within the household and whether that food fulfils the nutrition needs of all members of the household is an ongoing problem in developing countries. An International Civil Agency employed a Major Consulting Firm to analyze food insecurity in developing countries and cultivate a system that enables an economy to prepare for and halt possible food insecurity.
  • An Agent-Based Explanation for SPMI Living Situation Changes
    Over the past 60 years, the number of Severely and Persistently Mentally Ill (SPMI) patients in the US living in the community increased. Yet a growing minority of people with severe illness are worse off because they are homeless or incarcerated. In this case study, IBM Global Research and Otsuka Pharmaceuticals used an agent-based approach to model these remarkable swings.
  • AnyLogicは、ロシアの経済成長をシミュレートします
    モスクワ州立大学のスーパーコンピュータ "Lomonosov"は、今後50年の間ロシアの社会と経済成長を予測しました。その評価は、ロシアの当局筋から得られたデータを利用して、AnyLogicを用いてモデル化されました。