入院患者治療キャパシティーの評価

問題:




近代の病院を新設する場合、建設に重要な判断が必要な多くの問題がリストアップされ、医療の専門家はこれらに直面します。スウェーデンの首都ストックホルムは高度専門医療病院を新設する過程において、健康局は、様々な運用方法と戦略的課題において、投資に見合う病院運営が可能か疑問視しました。その答えを見つけるために、彼らはAnyLogicシミュレーション•モデリングを使用しました。


シミュレーション•モデリングは、より複雑化した問題に対処する場合、開発された最初のモデルは、最終的なモデルとは限りません。シミュレーションを正確に使用することは、問題の議論と理解の両方を上げます。それは、多くの場合、新しい質問とモデルの適用範囲の拡張あるいは変更する必要に結びつきます。


このモデルの最初のバージョンは病院運営のトータルキャパシティに注目しましたが、バージョン2では、病院が入院患者治療のための様々な患者割当てシナリオで実験することを可能にしました。ユニークな特性を持つ様々な臨床のグループに患者を分割するために、これらのニーズが異なる入院患者ケアのリソースによって対処された方法とのバランスをとるための意思決定支援ツールを提供しました。


ソリューション:




シミュレーションでより良く実世界の問題を解決するために、モデル製作者は、モデル化する産業(この場合 ヘルスケア)の戦略や運用上の問題点についての深い理解力を持っていなければなりません。この能力は、よりよいモデルを構築するためにその問題の本質を理解し、解釈し、時々、それを再公式化することができ、モデルに価値を加えることを保証します。このプロジェクトでは、モデラーがその問題におけるビジョンを発展させて、かつ利害関係者が持つ疑問に対する答えを見つけるために、変更することを可能にしたのは戦略、管理及び運用分野の権限でした。


本シミュレーション・プロジェクトの前は、病院全体としてではなく、病院(救急外来、入院治療、手術室など)の様々な組織の部分ごとに着目する傾向がありました。しかし病院システムでは、相互依存を考慮しなければならず、これまでの戦略は危険な方法です。モデルは、相互依存を考慮したシステム・アプローチを反映するように設計しました。


最初のモデルでは、各組織の一部がキー・プロセスおよび主要資源の観点から、非常に簡略化された形式に離散事象シミュレーションを用いて説明した後、これらの情報は様々な可能性のある患者フローをモデル化するため、一緒に結合しました。この後、需要(来院患者)、リソース・レベル(病床数、部屋数など)、期間のばらつき(入院期間の予測、治療時間の予測など)および戦略(患者の病院内での移動予測)を試験することにより、仮説のシナリオで無限の実験をすることが可能です。

病院シミュレーション・モデル

病院モデルの最初のバージョン

ヘルスケア・シミュレーション

病院モデルの第2バージョン


モデルの第2のバージョンは臨床のグループに入院患者を分けました。これは異なる特性とニーズ、異なる選択肢、患者カテゴリのアロケーションのバランスを保つかを、よく考慮するために行われました。その結果、ほとんどのロジックは同じでしたが、これが新しいモデルであることは視覚的に明らかでした。


モデルの両方のバージョンは人間と人員のリソースではなく物理資源に注目しました。建物と投資と関係する決定を測定する際には、物理資源によってキャパシティが制限されると考えるほうが重要なので、このアプローチが選ばれました。もう一つの理由は、最適な人材、アカウントのスケジューリング、計画戦略、およびマイクロモデル内の関連する様々な能力カテゴリと役割等は、今回のような抽象化レベルの場合に考慮することは適切ではないと考えました。


結果:




モデルによって出された結果は、医療とリソース利用率を達成しました。これは、病院のキャパシティが許容範囲内であったかどうかを把握するのに役立ちました。


モデルのおかげで、考慮中のシナリオと状況を与えることで、オペレーション及び入院患者治療などの点から医療業務を評価することができました。これにより、可能性のあるリスクや課題をピンポイントでリソース使用率を見ながら議論することができました。


モデルで得られた主な結論は、多くの利害関係者が長い間指摘したとおり、入院患者治療のためのリソース・レベルは必要数よりはるかに低かったことを確認しました。よってシミュレーション・プロジェクト・マネージャーは、意思決定者に対し、その問題に取り組む処置を講ずるように奨励しました。


利害の対立が含まれる複雑な問題においてダイナミックモデルを使用する主な利点は、定量的よりも定性的です。この理由は次のとおりです。

  • モデルは一箇所に、関連するディメンション、問題点、パラメータ、指標などを全て集めて、ビジュアル化にします。これは、議論の理解とレベルアップのカタリストとして役立ちます。
  • モデルは、無限のシナリオを検討することを可能にします。その結果との各利害関係者間の矛盾する利益はすべて仮説で試すことができます。
  • 医療はその決定が政治によって極度に影響を受ける分野です。さらに、主要な権限と文化は、通常の事業部門管理とシステム思考ではなく、ハイ・レベルの医学知識と証拠物に基づいた思考を含んでいます。そのため、問題を容易に理解することが必要です。シミュレーションはよりよい方角にヘルスケア議論を推し進め、意思決定者を支援し、その結果、よりよい決定を下すことができます。

このモデルは、既存の病院でオペレーションを分析するためのモデル用のテンプレートとしても使用されました。このモデルのロジックは、システムとして病院を見て、システムのバランスが取れているか否かを評価するために一般的に利用できるプランナーと見なすことができます。


More Case Studies

  • 医薬品流通倉庫のモデル化
    数十億ドル規模売上を計上する、医薬品流通およびロジスティクス企業大手のカーディナル・ヘルス社(Cardinal Health)は、商標医薬品、ジェネリック医薬品、一般用医薬品(薬局で処方箋が無くても購入できる薬)、健康と美容アイテムおよび自社ブランド品を管理しています。彼らは、医薬品を取り巻く複雑な倉庫の流通問題に取り組みます。ブライアン・ヒース(カーディナル・ヘルス社上級解析ディレクター)とAnyLogicソフトウェアの経験ある担当者は、様々なビジネス問題を解決するためにエージェントベースのモデリングを使用し、年間300万ドル以上の経費を節減しました。
  • ハイブリッド・シミュレーションによる医療サポート-脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)
    脳卒中で高度障害が起きたときの治療とリハビリの高コストの負担は老齢人口の増加でますます増えています。血栓症の多くは脳卒中を発症し、発症から4.5時間以内に血栓溶解の治療が必要になりますが、現在の搬送や病院管理では対応しきれていないのが現状です。そこで、脳卒中専門救急車(Mobile Stroke Units)が改善案として提案されました。
  • 医療ルーチンデータのシミュレーション・モデリング
    医療の専門家による様々な意思決定には、プランニング、テストおよびアセスメントツールを必要とします。医療の複雑な構造、相互作用およびプロセスは、常に変化と革新を繰り返し、課題が絶えることはありません。社会保険オーストリア協会(AASI)と提携するDWHシミュレーションサービスおよびウィーン工科大学のPatrick Einzinger氏およびChristoph Urach氏は、クリティカルな将来の意思決定の目的で、医療データを解析する機会を得ました。
  • Simulation of Maternity Ward Operations
    This model simulates the maternity ward in a hospital currently under construction. The purpose of the model is to support discussions related to which resources, capacity, and work methods are required on the new ward. The project was carried out for Karolinska University Hospital in the Stockholm County, Sweden.
  • 透析患者トータルケアのニーズ
    スウェーデン 首都ストックホルムは、諸国、諸地域と同様、様々な患者グループへのヘルスケアの必要性があります。各グループは独特な特徴、特性および課題を合わせてサブ集団と見なします。今回ご紹介するシミュレーション・プロジェクトは、透析患者(医療施設の来院頻度が高いグループ)に着目しました。
  • Disaster Response Applications Using Agent-Based Modeling
    In an effort to find practical operational solutions for response to an unexpected crisis or natural disaster, Battelle, world’s largest, non-profit, independent R&D organization, needed to test the effectiveness of a 48 hour shelter-in-place order for an Improvised Nuclear Device scenario. The goal was to reduce radiation dosages received during an uncoordinated mass evacuation, by comparing immediate evacuation and shelter-in-place order.
  • Evaluating Healthcare Policies to Reduce Rates of Cesarean Delivery
    The challenge of reducing the cesarean delivery rate has been recognized by numerous researchers for years. For the first time, in research conducted for the Washington State, Alan Mills, FSA MAAA ND, a research actuary, and his colleagues reproduced this part of the United States healthcare system in a simulation model to allow the stakeholders, including health agencies, insurers, clinicians, and legislators, to test their assumptions on the model to find the right solutions.
  • Shaping Healthcare Policy Using Simulation
    An initiative by the Department of Mechanical and Industrial Engineering at the University of Toronto, the Centre for Research in Healthcare Engineering (CRHE), was in response to the immediate and compelling desire for efficiency and quality improvements in the Canadian healthcare system.
  • An Agent-Based Explanation for SPMI Living Situation Changes
    Over the past 60 years, the number of Severely and Persistently Mentally Ill (SPMI) patients in the US living in the community increased. Yet a growing minority of people with severe illness are worse off because they are homeless or incarcerated. In this case study, IBM Global Research and Otsuka Pharmaceuticals used an agent-based approach to model these remarkable swings.
  • 新薬の発売モデル
    米国大手製薬会社である1社は、新製品の発売戦略の開発 にBayserコンサルティング社を採用しました。 シミュレーション・モデリングは、会社、医師、患者間の相互作 用の再構築に応用しました。