流通ネットワーク・プランニング&シミュレーションによる在庫の最適化

問題:




ディアジオ社は英国の多国籍アルコール飲料企業です。ディアジオ・ロシアはロシアでトップ5に入るアルコール飲料の大手卸売店の1社で、収益が顧客サービスレベルと高い物流費にとても影響を受ける、伝統的な薄利ビジネスです。ディアジオ社はコンサルタント会社Amalgama, LLCの支援を受け、売上高が増加しましたが、物流費が大きかったため、予想より大きな利益を実現出来ませんでした。ディアジオ社のその他の懸念は、増加した在庫、顧客サービスレべルと売上原価、ロシア、ウラルとシベリアへの拡張のための新しい倉庫開発の将来のプランでした。そのためにコンサルタントは、物流費を減少させる方法を示し証明し、拡張したクライアント・ネットワークのためのロジスティクス構成を選択し、さらにディアジオ社の膨大なデータを管理するためのシミュレーションベースの決定サポートシステム開発に任命されました。


ソリューション:




サプライチェーンモデルは、45のサービスグループに分類され、既存の3工場と計画中の1工場、3つの国境通過点、既存の3倉庫と計画中の5倉庫、2税関と最大300の需要点を含みます。また、サプライチェーンモデルは、補充アルゴリズム、オーダー集計アルゴリズム、荷捌き負荷及び国境通過点で遅延アルゴリズムが含まれています。6種類の倉庫における280ディアジオ製品の需要と販売予測が、モデルに組み込まれました。


シミュレーションモデルで構築されたロジックは、混載倉庫におけるサプライ・チェーンのセグメントに関する補充アルゴリズムを含んでいました。広大なロシアと比較的遅い輸送力により、中央の流通センターへの5日間のリードタイムとオリジナル流通センターへの5日間のリードタイムが考慮されました。補充アルゴリズムは、要求ダイヤグラム(計画的販売ダイヤグラム)、現在のストック、リードタイムおよび最低発注量を考慮に入れます。その後、補充用の必要条件を生成し、在庫ギャップを識別(ストックが最低のしきい値より低くなる時)し、在庫ギャップを埋める処置を講じます。

シミュレーション・モデルのサプライ・チェーン構造


シミュレート・モデルのサプライ・チェーン要素


モデルの検証は、5%未満の差異を示した前年のSAP ERPシステムデータからデータを比較することから始めました。

サプライ・チェーン・シミュレーション・モデル結果

異なる予測精度の目標在庫レベル

結果:




ディアジオ社の初期値は2年未満のペイオフ期間で60%〜80%の販売予測精度が向上しました。この増加は、ディアジオ社は、目標在庫レベルを40%低減することができます。これは、単位あたり7%の物流コストを削減します。目標サービスレベルを維持するための過剰在庫数が高いため、調査ではさらなる倉庫増設の必要性がないと判断しました。


シミュレーション実行後、モデルは各製品(15日先)の在庫レベル予測、あらゆる配送料込みの製品ユニットの総コストを供給し、またサプライ・チェーンの目標ステートの最適化を実証します。


本件に関して、AnyLogicコンファレンス2013で発表のAndrey A.Malykhanov氏のプレゼンテーションをご覧ください:


More Case Studies

  • トンネル掘削機でのトンネル建設シミュレーション
    トンネル掘削機の休止による1時間のコストは、通常高いのが実情です。また、プロジェクト・マネージャーは、工事現場において作業遅れを回避するために最善を尽くさなければなりません。 Ruhr University Bochum in Germanyで開発されたシミュレーション・プロジェクトの目標は、可能性のある金銭上のロスを最小化するために、トンネル建設プロセスでのボトルネックを究明することができるシミュレーション・モデルを作成することでした。
  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • フランス鉄道の最適化
    このプロジェクトはAnyLogicのコンサルティングチームによって、 陸上交通の導入・調査・試験を行うフランスの PREDIT向けに 開発されました。クライアントは国の鉄道貨物輸送が自動車輸 送と競争することが出来るか、さらに“Truck-Rail-Truck”輸送 の効果的な運用方法を検証しました。
  • 車両基地のキャパシティー・モデリング
    Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。
  • 半導体サプライ・チェーンにおけるブルウィップ効果/Bullwhip Effect(需要予測)
    大手 半導体メーカーのインフィニオン社のサプラィチェーン管理は、経費削減を達成するために、マーケットのブルウィップ効果を調査し、マーケット動向を予測し、原材料から市場までのサプライ・チェーンのモデル構築するためにAnyLogicソフトウェアを利用しました。
  • Gojiiを使用したベストな在庫ポリシィの選択
    既存のサプライ・チェーンとS&OP(Sales and Operations Planning:販売および操業計画)ツール・セットは、選択された「予測」にマッチした供給量を管理するのに有効に利用できます。しかしながら、将来の需要を一つのフォーキャストで表すことはできません。既存のツールは、ビジネスに最良の結果を選ぶようには設計されていません。S&OPシステムを使用すると、フォーキャストのインプットと需要シグナルの間にギャップがあります。Gojiiはそのギャップを無くすためにDecisioTech社によって作成されたツールです。
  • Maximizing Push Boat Fleet’s Net Voyage Revenue
    InterBarge, a first-class waterway operator, affiliated with SCF Marine, a part of Seacor Holding Group, operates freight along the HPP Waterway (Hidrovia Parana Paraguay, located in Argentina, Paraguay, Brazil, and Uruguay) on a dedicated contract carriage. The company’s challenge was to use the boat capacity free from dedicated contract commitment as a fleet, maximizing net voyage revenue.
  • Customer-Centric Transportation Network Modelling
    The public transportation company employed PwC Australia to develop a solution that could provide a customer-centric view of their railway infrastructure and help the company understand the current incident effects on rail network operations and how to improve the situation. PwC consultants decided to build a model of the transportation network that would simulate train movements, incidents, and customers at stations and in trains.
  • CSX Solves Railroad Operation Challenges with and without AnyLogic Rail Library
    CSX is a US railroad company that operates about 21,000 route miles (34,000 km). AnyLogic allows the railroad industry users to simulate line-of-road, terminal, and yard problems. The following three projects, completed by CSX in 2014, covered a variety of tasks that were solved using AnyLogic software.
  • Simulation Modeling of Offshore Offloading System for Arctic Oil and Gas Condensate Field
    The Novoportovskoye oil and gas condensate field is located in the Yamal peninsula and owned by Gazprom Neft, the fourth largest oil producer in Russia. Oil from the field is transferred via 100km pipeline to the sea terminal at Cape Kamenny, where it is loaded into arctic cargo tanks for further transportation. The main issues in planning tanker transportation in an arctic region are the harsh ice environment and difficult sea conditions.