AnyLogicでイギリス海峡横断

パリとロンドンを直接つなぐイギリス海峡トンネルは1994年に開通しました。初めはヨーロッパ2首都間の貿易促進が目的でしたが、乗客輸送の機能が急速に高まり、重要な問題点になりました。実際、毎年5000万人の乗客がイギリス海峡を往来します。2010年には、国際高速列車のユーロスター会社が、パリとロンドン間の旅客輸送の70%をシェアしています。ユーロスターは、首都間を1日に20往復し、旅客輸送の主な交通手段として成功しました。さらに、2012年ロンドンオリンピックではユーロスターの利用客増加に結びつき、効率的な鉄道ターミナルの重要性を表しています。

プロセス管理が複雑な駅の国境横断管理の効率化をはかるため、ターミナルの適切な再開発は、類型学、移動、待機スペースだけでなく利用できる定員数および最終的に行動予測で分類した乗客の移動など、多くの重要な要素を考慮しなければなりませんでした。

SNCF Gares & Connexions社は、パリにあるTransmanche Terminal of the Gare du Nord駅を最適化するシミュレーション・モデルの開発のために、AnyLogic社のテクニカルサポート、AREP社およびコンサルティング会社EMSYSS社が参加しました。主な目的は、待ち時間の縮小でした。作成されたモデルは機能障害を見つけ出し、評価し、それを描写します。

Transmanche Terminal of the Gare du Nord駅の管理区域の異なる局面をモデル化しシミュレートすることは、AnyLogicソフトウェアの特有の技術・機能特性で可能になりました。経験を蓄積しながら駅を最適化することで、SNCF社は増加する旅客輸送量の解決策をシミュレーション・ソフトウェアの利用で可能にしました。AnyLogicシミュレーション・ソフトウェアは、2012年ロンドンオリンピックに新しい空間を提案した革新技術です。


Eurostar.JPG

More Case Studies

  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します
    エッフェル塔事業会社(SETE)は、モニュメントでの観光客の流れを最適化するためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。それにより、エンジニアは、観光客の移動のコントロールで、デザイン変更などせずにビジターの数を増加させることができました。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。