AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価

概要




港湾局は、コンテナ(TEU)処理能力を最大限にすることをめざしています。

ターミナルの主な改良はTEU処理能力を改善するもので、作業方法(特にTEUのレイアウトおよび積み重の高さ)の分析を通じて、より少ない経費に改善できるかもしれません。

TEUを再移動する割合を増加させずに、処理能力を増加する最適な積み重ね構成は何ですか。

モデリング・アプローチ




エヴァンス&ペックは、増加する TEU スループットと積み重ね高のトレードオフを実証するために、ディスクリート・イベント・シミュレーションモデル・アプローチを利用しました。

オブジェクト指向のアプローチの使用して、個々のコンテナー・トラッキングが可能です。港の全面的な機能性は、停泊所とコンテナ運搬車両(Staddle carrier)の利用の調整により評価されます。


本メソッドのようなインターモーダル・コンテナ・ターミナルのための様々なレイアウトおよび構成オプションは、鉄道輸送等についても適用し分析することができます。


container_terminal_throughput.gif

Model developed and published by Evans & Peck Australia.

More Case Studies

  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • Evaluating Container ETA Data Flow Introduction in the Port of Hamburg
    Researchers from the Technical University of Darmstadt, Germany, worked to identify whether the introduction of each container’s ETA would improve the situation with capacity utilization among the supply chain actors in the port of Hamburg, one of world’s top 20 ports in terms of container traffic.
  • AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート
    エヴァンス&ペックは、港の停泊所キャパシティーをシミュレートするためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。目的は、製品の通過をどれだけ割増しできるかを見つけ出すことでした。
  • AnyLogicによる多目的港湾計画
    エヴァンス&ペックは、顧客向けに、多目的の港湾設計を立案しました。その会社は、交通、倉庫、船への積み込みを計画するために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデリング・アプローチを利用しました。