AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します

パリで最もポピュラーな観光地 エッフェル塔の観光客を効率的に管理するため、事業会社(SETE)は、AnyLogicシミュレーション・ソフトウェアを使用しました。

設計されたモデルは観光客の到着やオープンスペースでの行動をシミュレートします。プログラムはエレベータの規則性やキャパシティーを考慮に入れ、エレベータ前の行列を予測しました。待行列や混雑の問題点は、タワーの最上階にありました。

エッフェル塔の観光客それぞれの行動を実際にシミュレートするため、エージェント・ベース・シミュレーション・モデリングを使用しました。プロジェクトメンバーによると、2010年には670万人の観光客がエッフェル塔を訪れました。一日最大27,000のエージェント(観光客)の動きを取り扱っています。観光客移動のタワー・モデルはフランスのEMSYSSコンサルティング会社によって作成されました。AnyLogicヨーロッパもまた、プロジェクトに参加しました。

AnyLogic社 事業開発部長のTimophey Popkovは、プロジェクト完了までに30日程かかり、「タワー・モデル作成のために、観光客の行動を写真やビデオで撮り、タワーの3階、4階を改造するプロジェクトを研究した」と述べました。様々な実験の結果、エンジニアは新しい設計が群衆管理の問題を解決せず投資に見合う結果を得られないだろうと理解しました。「モデルは、新しい設計が観光客の混雑問題を解決しないと推定した」とPopkovが言いました。最後に、私たちは、既存の観光客の旅程を最適化するためにモデルで実験しました。


Tour eiffel model



More Case Studies

  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • AnyLogicでイギリス海峡横断
    AREP("SNCF Gares & Connexions"の子会社)は、パリの地下鉄Gare du nordターミナルの利用を最適化するためのシミュレーション・モデルを開発しました。主な目的は、乗客の待ち時間の縮小と乗客の管理についてでした。モデルは、これらのエリアにおいて考えられる機能障害を評価します。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。