テレコムマーケットにおける消費者の選択

概要




オーストラリアのインターネット・プロバイダーは、広帯域のインターネット・サービスの潜在的成長力を授受しようと日々努力しています。プロバーダーによる新技術の選択は、そのコスト面で、距離とともに速度が減少する技術的制限や消費者が広帯域速度を必要とするインターネット・サービスとを均衡させる必要がありました。

モデリング・アプローチ




エヴァンス&ペックとアルカテル・オーストラリアは、10年にわたりプロバイダーへの潜在的な影響力のシナリオ分析を考慮するエージェント・ベース・コンシューマー・チョイス・モデルを共同開発しました。モデル中で消費者が選択する行動にクリティカルなのは、技術ソース(例えば、電話交換局または基地局)と消費者の地理的な面でした。

ユーザ・インターフェースは、一つの電話交換局のカバーする区域、世帯(密度および消費者タイプ)、および技術のカバレージ等の位置特性を地図上に置いて作成されました。

開発したモデリング・ツールの重要機能は次のものを含んでいます:

  • 多くの顧客タイプをカバーする市場のセグメンテーション
  • 多数のインターネット・サービス・プロバイダー及び個々の提供する技術
  • コスト・モデル(CAPEX/OPEX)および収益モデル(ARPU)
  • 人口密度および技術補償エリアの地図作成
  • 稼働率、カスタマー・プロファイルおよびプロバイダーのランキングに基づいた消費者選択アルゴリズム
  • 製品の選択(例えば、高解像度ビデオ )による広帯域の速度の消費者需要動向

internet_services_consumer_choice.gif internet_services_consumer_choice_agents.gif

Model developed and published by Evans & Peck Australia.

More Case Studies

  • アルゼンチンにおけるテレコム市場
    2008年のアルゼンチンにおける通信市場には三大企業がありました。それぞれの会社は、彼らがまだ経験していなかった市場に参入を希望していましたが、その行動の結果を評価しなければなりませんでした。そのため、Telefonica社は、AnyLogicマルチメソッド・シミュレーション・ソフトウェアを使用して、市場のモデルを構築するためにContinente Siete(コンサルティング会社)を使用することを決定しました。
  • アメリカ大手 航空会社の追加料金案の撤回
    アメリカ 大手航空会社は、製品やポリシーの変更による新たな収益を作り出す、数々の選択肢の探索に挑みました。追加料金案による収益は短期間では明白ですが、ポリシーの変更実施前に、航空会社はブランド価値、市場シェアおよび顧客ロイヤリティなどの長期的効果の影響を評価しました。
  • アメリカの自動車市場シミュレーション
    世界の主要な自動車メーカーのうちの一社は、次の5年間の米国市場における戦略的な予測を必要としました。その会社は、彼らの製品と期待出来る収益、現在の顧客、ディーラー、競争相手および中古車市場に関する要求のダイナミックスを評価しました。彼らの主な目的はその会社が翌年にどれだけの車を生産する必要があるか判断することでした。
  • 新薬の発売モデル
    米国大手製薬会社である1社は、新製品の発売戦略の開発 にBayserコンサルティング社を採用しました。 シミュレーション・モデリングは、会社、医師、患者間の相互作 用の再構築に応用しました。