フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション


Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。

Passenger Flow Simulation at Frankfurt Airport.pdf (569.03 KB)
fraport_airport.jpg
フランクフルト空港 (発行元:Fraport AG社)

1980年から2010年の間に、フランクフルト空港の年間乗客数は、およそ1700万人から5300万人と3倍になりました。この75年もの間に、空港は絶えず増加する需要に適応させるため、様々な建設計画を実施し、その結果、空港は複雑な構造になりました。


空港自体の構造変更等の対策が制限されていたため、Fraport AG社は2008年に、施設利用度と顧客満足を増加させるための乗客フロー管理システムを開発することを決めました。例えば、待ち時間の削減等ために。


アクティブなターミナル管理を利用して、建物内の乗客の移動は、ダイナミック・サイン・スイッチオーバーでコントロールされます。ターミナルの管理は、将来の旅客輸送のためのフロー、および予測に基づきます。

passenger_flow_management.jpg
乗客の移動管理 (発行元:Fraport AG社)

ビデオ (発行元:Fraport AG社)

予測方法論のコアは、acp-IT AG社で開発したacp-IT InFrameシナプス・シミュレーションとAnyLogicシミュレーション・ツールに基づくシミュレーション・モデルです。


高いシミュレーション精度に加えて、目標は、数分で数時間の乗客フロー予測を計算し、最高のパフォーマンスを達成することでした。しかしながら、乗客フローに影響する本質的特質をすべて検討しなければなりませんでした。これは、26箇所のセキュリティ・チェック・ポイント、8箇所の搭乗券チェック・ポイント、15箇所の入国審査ポイント、90箇所の階段およびエレベータ、266箇所のゲート、1本のトンネルおよび3つのSkyLineステーション(空港内電車)と乗客。それらの表現方法については、単純な数学モデル、軌道モデル(trajectory model)、および人の相互作用であるソーシャルフォースモデル(social force model)等を正確さとパフォーマンスの点で比較しました。


ソーシャルフォースモデルと同様に軌道モデルも、正確さを要求されました。しかしながら、軌道モデルのシミュレーション速度は、ほぼ2倍の時間がかかりました。最終的にシミュレーションを遂行するのに約5分程度となり、目標を達成しました。


Fraport AGのターミナルの管理は、乗客フローを最適化するために開発されたシミュレーション・モデルを成功裡に使用しています。シミュレーションは、1日当たり約300回実行され、15GBのデータを生成しています。また、本モデルによって、同空港史上最大であった2011年8月の550万人の乗客を問題なく管理することが出来ました。

simulation_start_screen.jpg
シミュレーション・スタート・スクリーン(発行元:Fraport AG社)

passenger_flow_representation.jpg
乗客のフロー表示  (発行元:Fraport AG社)

More Case Studies

  • AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します
    エッフェル塔事業会社(SETE)は、モニュメントでの観光客の流れを最適化するためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。それにより、エンジニアは、観光客の移動のコントロールで、デザイン変更などせずにビジターの数を増加させることができました。
  • AnyLogicでイギリス海峡横断
    AREP("SNCF Gares & Connexions"の子会社)は、パリの地下鉄Gare du nordターミナルの利用を最適化するためのシミュレーション・モデルを開発しました。主な目的は、乗客の待ち時間の縮小と乗客の管理についてでした。モデルは、これらのエリアにおいて考えられる機能障害を評価します。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。