ケーススタディ

  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • フランス鉄道の最適化
    このプロジェクトはAnyLogicのコンサルティングチームによって、 陸上交通の導入・調査・試験を行うフランスの PREDIT向けに 開発されました。クライアントは国の鉄道貨物輸送が自動車輸 送と競争することが出来るか、さらに“Truck-Rail-Truck”輸送 の効果的な運用方法を検証しました。
  • 車両基地のキャパシティー・モデリング
    Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。
  • CSX Solves Railroad Operation Challenges with and without AnyLogic Rail Library
    CSX is a US railroad company that operates about 21,000 route miles (34,000 km). AnyLogic allows the railroad industry users to simulate line-of-road, terminal, and yard problems. The following three projects, completed by CSX in 2014, covered a variety of tasks that were solved using AnyLogic software.