ケーススタディ

  • ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション
    フランスのルアーブル(Le Havre)港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。シミュレーションの要件は、列車/河川の荷船と他の既存のターミナル間のコンテナー移送のサポートでした。
  • Evaluating Container ETA Data Flow Introduction in the Port of Hamburg
    Researchers from the Technical University of Darmstadt, Germany, worked to identify whether the introduction of each container’s ETA would improve the situation with capacity utilization among the supply chain actors in the port of Hamburg, one of world’s top 20 ports in terms of container traffic.
  • AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート
    エヴァンス&ペックは、港の停泊所キャパシティーをシミュレートするためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。目的は、製品の通過をどれだけ割増しできるかを見つけ出すことでした。
  • AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価
    エヴァンス&ペックは、ポート・ターミナルにおいて設備の使用を最小限にし、コンテナー処理能力を最大限にするために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデル化アプローチを利用しました。
  • AnyLogicによる多目的港湾計画
    エヴァンス&ペックは、顧客向けに、多目的の港湾設計を立案しました。その会社は、交通、倉庫、船への積み込みを計画するために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・モデリング・アプローチを利用しました。