空港、駅、ショッピングモールその他の事例を見る»

AnyLogicは、空港、駅、ショッピング・モールおよびスタジアム等の施設において歩行者移動(フロー)の計画と管理及びそれらを最適化し、最善の解決策を提供します。AnyLogicで下記が行えます:
  • 建物内外の収容能力を評価
  • 歩行者の混雑を見つけ出し回避策を策定
  • サービス・ポイントでビジネスプロセス最適化
  • 避難計画
  • ショッピング・センター等の顧客移動の評価
  • 駐車場、道路及び公共輸送機関のアクセス評価

ビル・キャパシティー: 建築家は、セキュリティ・チェックやチケット売り場等、ある場所を通り抜ける人々のボトルネックを回避するために、予想される人数に対応可能な施設のレイアウト作成にしばしば直面します。建築家は、さらにストレステストにドア、階段、エレベータ、エスカレーターおよび廊下等を必要とし、予想される最大の歩行者数で施設のキャパシティーを計算します。AnyLogicの歩行者ライブラリーは、建物の計画やプロジェクトの有効性検証に支援します。

ビジネスプロセス: 時に、ビル内のサービス・ポイントの配置がどのように歩行者移動の際の混雑に影響するか確かめる必要があります。サービス・ポイントとは、空港の出入国審査、駅改札口、キオスクあるいはショッピング・モールのATM等が考えられます。さらに、どれだけのアイテムをインストールしなければならないか、あるいは予期された要求を満たすために最適化する必要があるかもしれません。AnyLogicによって徹底的にビジネスプロセスを分析することができます

避難計画: 避難計画が施設で有効に機能するかを予め認識することは人々の安全面にとって大変重要です。AnyLogicは、様々な避難計画案を用いて、緊急時の人々の行動を何度もテストでき、さらにテロのような反社会的活動時の弱点を評価し、潜在的な損害を予測します。

ショッピングモールでの歩行者交通: ショッピング・モール・マネージャーは、選択されたエリアへの「移動のしやすさ」、顧客が特定の店を訪れる予測人数、あるいは、広告の位置や賃借人が要求する顧客フローを生成する方法を予め知る必要があります。AnyLogicの歩行者シミュレーションはモール管理にこれらの洞察を供給することができます。

公共交通機関の利用: 交通情報および案内表示(サイン)によってビジター・フローを体系化し、交通機関の有効性をシミュレートすることは重要です。さらに、交通渋滞を回避するために駐車施設を最適に配置し管理することも重要です。また、新しい大規模な施設の設置がどのように既存の道路網に影響するかを事前に知ることは、管理者にとって非常に重要です。AnyLogicは交通機関や施設内の各サービス・ポイントへのアクセシビリティ解析用のプロフェショナルツールです

AnyLogicのアドバンテージについてコメントをいただければ幸いです。
 
送信
閉じる

レビュー&推薦の言葉

  • We chose AnyLogic because of the following features: flexible pedestrian modeling abilities, intuitive user interface, simplicity of programming, visualization abilities, and the ability to gather a wide range of statistical data for analysis. During our work with the AnyLogic team, we appreciated the efficiency and the quality of the technical support, the expertise of the company engineers, and the willingness of the company to improve the product for the clients.

    Alexey Pashkevitch,
    ITS Consulting
  • This is a very practical modeling software, and it offers a huge variety of modeling methods. High speed of modeling and good user interface are among its advantages. Agent based modeling and pedestrian library, in particular, are very useful in the related fields. It is a wonderful modeling software.

    Gao Xiang,
    Beijing Jiaotong University

これらの会社は、AnyLogic を使用しています: 空港、駅、ショッピングモール

ケーススタディ

  • フランクフルト空港における乗客の移動シミュレーション
    Fraport AG社は、国際空港の運用会社として、空港産業における世界的な企業です。フランクフルト空港は、 世界的に重要なハブ空港として1日当たり140.000人を超える乗客と毎時80機以上の航空機が離発着します- フランクフルト空港はFraport AGの本拠地です。
  • AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します
    エッフェル塔事業会社(SETE)は、モニュメントでの観光客の流れを最適化するためにAnyLogicソフトウェアを使用しました。それにより、エンジニアは、観光客の移動のコントロールで、デザイン変更などせずにビジターの数を増加させることができました。
  • AnyLogicでイギリス海峡横断
    AREP("SNCF Gares & Connexions"の子会社)は、パリの地下鉄Gare du nordターミナルの利用を最適化するためのシミュレーション・モデルを開発しました。主な目的は、乗客の待ち時間の縮小と乗客の管理についてでした。モデルは、これらのエリアにおいて考えられる機能障害を評価します。
  • 旅客鉄道における最高のコンセプトの選択
    CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。
  • Using Pedestrian Library to Create a New Look for an Art Gallery
    Fair Dynamics, a Milan based consulting company with a distinct aspect towards simulation modeling, was engaged in developing The Ametria project, a contemporary art exhibition held in the Athens’ Benaki Museum. AnyLogic simulation modeling let engineers see where the artworks could be placed, as well as show how people could move inside the gallery.
  • ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション
    NIIASは鉄道交通およびインフラストラクチャー管理の専門家です。NIIASは、AnyLogicを使用し、Adler - Alpika Service railwayがソチ2014冬季オリンピック大会向けに建設する5駅をモデル化しました。
  • モスクワリング鉄道(Moscow Ring Railway)乗客フロー・シミュレーション
    モスクワリング鉄道 旅客列車の着工は、モスクワの道路交通状況や混雑を改善すると予想されています。 近年建設した駅の多くは地下鉄と通勤電車と接続されています。 ITSコンサルティング社は、JSCモスクワ鉄道の駅の乗客フローをシミュレートしました。